かんよう出版ブログ

食べることは、生きること

2015.10.30

うどん好きが講じて、うどん屋でアルバイトをしている娘。

 

うどん漬けの大学生活をおくる彼女も、来春には卒業して帰ってくる。

 

ところが、先日帰省した際、何年も自炊をしていたのに、料理の腕はからっきしだと判明。
どうやら、まかないで「うどん」、お持ち帰りで「うどん」という、ありがたい「うどん漬け」のおかげだったようだ。
その娘の様子を知った母が、「私も、あの娘みたいに、うどん漬けになってき
たわ」と言う。
来年、80歳を迎える母だが、内臓も足腰も歯も、医者の折り紙つきの健康体。
それでもやはり、大好きなカレーライスを食べた後などには、お腹がゆるくなったりするらしい。
そんなことから、外食は安全圏内でもともと好きな「うどん」にすることが多いのだが、最近は冷蔵庫にも「うどん」が欠かせないという。
「食べることは、生きること」
それが歳を重ねてくると、「食べることは、楽しく生きること」に変わり、そのウエイトは大きくなる。
その反面、母のように、食べられないものが増えていくのだ。
そんな方々の「食べる楽しみ」を満足させてくれる、様々なレシピ・・・。
高齢者が幸せになれるレシピである、きっと、高齢でない者だって幸せにしてくれるだろう。(T)


 

category: 本の情報

ブログカテゴリ

月間アーカイブ